五十而知天命&バリ島往還

半世紀を生きてきた今、無理しない生き方をゆるーく追及中。バリ旅に学ぶところ多し。

バリ島のこと

2007年、フランスのパリに行くはずが思いがけずバリ島に行くことに。それをきっかけにこれまで10回以上通ったバリ島のことを、備忘録として書き留めています。

バリ島 ◆ 観光向けだけじゃないところが良い、海岸沿いの遊歩道 ◆ サヌール

バリ島のサヌールは、長期滞在する外国人が多い地域だ。観光地というよりも、滞在地という言い方がふさわしい。海岸線には観光客向けのオンザビーチのホテルが並んでいるが、内陸に向けて長期滞在に向くアパートメントや、別荘が数多く建っている。古い時代…

バリ島 ◆ 帰国日プランを日本のツアー会社で手配した《ラマヤナリゾート&スパ》デイユース ◆ クタ

一昨日の記事で、帰国日デイユースを自分で手配して、とても満足した話を書いた。 なかなかに印象的なホテルだったので、ついその話を先に書いてしまったのだけれど、その1回前の2017年のバリ旅では、日本のツアー会社のプランで帰国日デイユースを利用して…

バリ島で出会った猫たち

バリ島のお土産の定番としてよくあげられる、木彫りの猫。「バリ猫」と呼ばれたりして、どこの土産物屋でもたくさん置いている。ではバリ島には猫がわんさかいるか、というとそれほどでもない印象だ。どちらかというと犬をよく見かける。 それでも裏通りを散…

バリ島 ◆ 帰国日デイユースを自分で手配してみた《ポンドック ナリタ》での8時間 ◆ サヌール

日本からバリ島に旅行するときは、帰国便の出発が夜中になることが多いので、いわゆる「帰国日プラン」を考えておく必要がある。 たいていのホテルは12時チェックアウトなので、それからの半日をどう過ごすか考えておかないと、暑い午後に、荷物を持ったまま…

バリ島 ◆ 7年前と比較しても好きなところは同じ 2回目の《グリヤ サントリアン》(2)◆ サヌール

バリ島 サヌール《グリヤ サントリアン》への、2018年1月の滞在記の2回目です。 このときバリ島への旅行は8回目、サヌールだけで5回目の滞在となったが、結局、バリ島で一番好きなホテルはここだと、連れ合いと意見の一致を見た。 何度も通ることになるホ…

バリ島 ◆ やっぱり丁度よく心地良い 2回目の《グリヤ サントリアン》(1)◆ サヌール

はじめてサヌールに来たのは2011年、グリヤ サントリアンに滞在した。「何もしない」時間を過ごすためにバリ島に出かける連れ合いと私には、ホテルの敷地内でバリ島リゾートらしさを満喫できるグリヤ サントリアンは、最高にちょうどよかった。 結局いちばん…

バリ島 ◆ オープンリビングがすばらしい《フェアモント サヌール ビーチ バリ》◆ サヌール

旅行代理店は、ときどき驚くほどコストパフォーマンスが良いプランを出してくれるときがある。2017年3月、7回目のバリ旅では、そんな代理店からの提案に乗っかって、高級ホテル《フェアモント サヌール ビーチ バリ》に宿泊した。 2013年にオープンした新し…

バリ島 ◆ ジャグジーのあるベランダから街並みを臨む《スイス ベルリゾート ワトゥ ジンバー》◆ サヌール

3回目のサヌールのホテルを検討する Google mapでスイス ベルリゾート ワトゥ ジンバーを発見 子供たちのハッピーオーラが好ましいプールサイド ジャグジーのあるベランダから街並みを臨む 特に子供連れの滞在にはお薦め 3回目のサヌールのホテルを検討す…

記憶が薄らぐ前にライフログを バリ島への往還記

久々にバリ旅行のことを書こうと思う。2007年にバリでの「何もしない」過ごし方にはまって、9か月後にリピートし、その後もできる限り1年に1度のバリ旅を計画してきた。 そもそもバリ島のことを書き始めた動機は、何回目はどこに行ってどのホテルに泊まっ…

バリ島 ◆ 南側の《プリ・サントリアン》ここもやっぱり、くつろぎスペースたっぷり◆ サヌール

イメージとしてはグリヤよりお姉さんぽい感じ? 石像の耳に花のかざり 雰囲気たっぷりのバンガロー プリ サントリアンのくつろぎスペース 甲乙つけがたいくつろぎ感のプリとグリヤ バリ島に「何もしない」をしにくる連れ合いと私が、くつろぎ場所選び放題の…

バリの文化を知る本「バリ島の影絵人形芝居 ワヤン」「(漫画)バリ島物語」

バリ旅をリピートしはじめて13年、最初はただリゾートを満喫しているだけだったが、だんだん歴史や文化に興味が湧いてきて、ここ数年は「バリ島」をキーワードにじりじりと蔵書を増やしている。 その辺の本屋で売っているのは旅行雑誌ばかりなので、神保町の…

バリ島 ◆ くつろぎスタイル選び放題《グリヤ サントリアン》での過ごし方 ◆ サヌール

長期滞在者に人気のグリヤ サントリアン リゾートを楽しむ人々を眺めながらソファでくつろぐ 砂浜のサンラウンジャーに寝そべる午後 シャワーを浴びてデイベッドでクールダウン アフターディナーのカクテルはプールサイドで バリで学んだ「何もしない」旅ス…

バリ島 ◆ 日本で言えば熱海みたいな ◆ サヌール

さて、サヌールである。いまやこの街の名前を口にしただけで、懐かしく、恋焦がれる気持ちになってしまう私だが、出会うまでには少々遠回りをして、4回目のバリ旅での訪問となった。 長期滞在者が多いサヌール 日本で言えば熱海 サヌールの店 観光地ではなく…

バリ島 ◆ 4回目にしてようやくサヌールへ

4回目のバリでサヌールへ またまた旅行代理店のH氏に相談 サヌールの街はJのかたち スーパーの近くのオンザビーチホテルでお願いします 前回の記事で、2007年からのバリ旅の写真を、DVDや外付けHDDから発掘したことを書いた。せっかく発掘したので写真を載…

バリ島 ◆ 地元のおばあさんのゴミ捨てと、海を眺めて何もしない午後 ◆ ブノア

ホテルを選ぶときには散歩ルートを考慮すべし ブノア半島の西側で目撃したおばあさんのゴミ捨て 芝生が美しい東屋で海を眺める午後 2008年12月の3回目のバリ旅では、ブノアのカインド ヴィラ ビンタン(Kind Vill Bintang)に3泊した。1回目がウブド+ジンバ…

バリ島 ◆ 3回目はブノアへ 《カインド ヴィラ ビンタン》◆ ブノア

何はともあれ旅行代理店H氏に連絡 とりあえずの候補について意見を求める ブノアの Kind Villa Bintang 3回目のバリ旅は、2008年12月。前回からちょうど1年、また25日に出て、現地3泊で年内に帰ってくるという最短コースだった。 この日程は、年末に早めに休…

バリ島 クタ ◆ 中級ホテルでバリの過ごし方の基礎を固める《アディ・ダルマ・ホテル》

2回目のバリ旅行のホテル選び ホテルを一歩出れば商店が立ち並ぶ立地にわくわく 街が気になってしょうがないのでまずは探索 自分なりのバリの過ごし方の基礎ができてきた 朝食を食べたらホテル周辺を探索 ホテル周辺の店の目星をつける 散歩の終盤でランチ…

もっと自分たちに合ったプランを探った2回目のバリ旅計画

すぐに次のバリ行きを計画し始めた 自分たちの過ごし方に合ったホテルを探して 条件1:徒歩でホテルの外のレストランに食事に行ける 条件2:日本語スタッフがいることを謳っていない 条件3:サンラウンジャーをたくさん備えたプールがある 条件が矛盾して…

バリ島 ジンバラン ◆ プールサイドで「何もしない」を学ぶ《インターコンチネンタル バリ》

このホテルのプールサイドのサンラウンジャーで過ごす時間は最高だった。最初は本を読んでいたが、少し疲れてきたので、空を見た。少し雲が出ている。サンラウンジャーに体を預けて、ゆっくりと姿を変える雲を眺めた。他に目に入るのは、青い空と、ヤシの葉…

バリ島 ウブド近郊 ◆ タクシーの運ちゃんは「ハンギングガーデン!?」と叫んで奥さんを連れてきた

様子が変わったのは、「で、ホテルはどこ?」と聞かれて、「ハンギング ガーデン なんだけど」と答えた時だった。 にーちゃんは目を剥いて「ハンギング ガーデン!?」と叫んだ。うっひゃ~~とでも言いだしそうなその口調を、筆者と連れ合いはその後なんど…

バリ専門の旅行会社に相談に行くことにした

なかなか話がバリにたどり着かなくてすみません 前の記事で次は実際の旅行のことを書くと言ったが、その前にもうひとつ、旅行代理店の話をしておかなければならない。 初めてバリに行くことになり、その計画を具体的に始めたのは2006年の10月だった。それま…

バリがただのビーチリゾートではないと知るまで

2007年に初めてバリに行こうと思ったときの話の続き。 前回、連れ合いに飛行機に13時間も乗れないと言われてしまい、パリに行く計画が頓挫して、代わりにバリ島を旅行先として検討し始めたことを書いた。 その時にバリ島について持っていた知識と言えば、旅…

パリに行くはずがバリ島に行くことになった話

まだビンタンビールとも出会っていなかった頃の話 最初にバリに行ったのは、どうやら2007年の3月らしい。どの旅行会社を使うのか、日程や予算などをExcelに整理しながら検討した記録が残っている。 その時、旅行先がバリになったのは、予定外のことだった。…