五十而知天命&バリ島往還

半世紀を生きてきた今、無理しない生き方をゆるーく追及中。バリ旅に学ぶところ多し。

文化

衣・食・住を自作していた最後の世代・いま50代の私のおじいちゃんとおばあちゃん

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」 父の故郷はとある海のない県で、祖父と祖母はJRの最寄り駅から車で1時間ほどかかる田舎町に住んでいました。小学生の頃は、毎年、お盆には家族全員で、祖父母の家に1週間ほど滞在しました。前後に他の予定がなけ…

ソフトバンクスマホ契約にくっついているYahoo!プレミアムで漫画を読んだら人生の最期について深く考えさせられた

ソフトバンクにいつの間にかついていた特典 Yahoo!プレミアム会員の特典:雑誌や漫画の読み放題 特典で読める雑誌を眺めてみた 漫画も見てみたら興味深い作品がいろいろある そしてこの漫画で生死について深く考えさせられた ソフトバンクにいつの間にかつい…

抱き枕はロシア語でДакимакура(ダキマクラ)でも一般的な意味ではないらしい

夕食後、私がPCに向かっている時間は、TVがつけっぱなしになっている。連れ合いがTVっ子(死後か?)でつけておきたがるのだが、たいていうたたねを始めてしまう。私は特に見ていないので消してもいいのだが、消すととたんに目を開けて「なんで消すんだよ~…

バリの文化を知る本「バリ島の影絵人形芝居 ワヤン」「(漫画)バリ島物語」

バリ旅をリピートしはじめて13年、最初はただリゾートを満喫しているだけだったが、だんだん歴史や文化に興味が湧いてきて、ここ数年は「バリ島」をキーワードにじりじりと蔵書を増やしている。 その辺の本屋で売っているのは旅行雑誌ばかりなので、神保町の…

バリがただのビーチリゾートではないと知るまで

2007年に初めてバリに行こうと思ったときの話の続き。 前回、連れ合いに飛行機に13時間も乗れないと言われてしまい、パリに行く計画が頓挫して、代わりにバリ島を旅行先として検討し始めたことを書いた。 その時にバリ島について持っていた知識と言えば、旅…