五十而知天命&バリ島往還

半世紀を生きてきた今、無理しない生き方をゆるーく追及中。バリ旅に学ぶところ多し。

モーリシャスのマングローブを「ベルサイユのわた」が救う

テレ東のWBSワールドビジネスサテライト)を見ていたら、モーリシャス沖の重油流出事故に関して、以前放送された「マジックファイバー(ベルサイユのわた)」を再度紹介していた。

www.tv-tokyo.co.jp

初出は昨年の7月だそうだが、そうそう、確かにこれ、見ましたよ! WBSトレたまトレンドたまご)というコーナーで、これから世の中に出てくる新技術として紹介されて、トレたま年間大賞も取ったやつだ。

「マジックファイバー」という繊維を油が浮いた水に浸けると、油分だけを吸着するというもの。油と水が見事に分類されていて、驚いたっけ。水を吸わずに油だけを吸着するところが、従来の油除去材とは違うところ。確かに格段に効率が違うはず。

小売りとしては「ベルサイユのわた」という名前で売り出されている。

 

これを大量にモーリシャスに送って、重油の除去に使おうという話が進んでいるらしい。

実績もある。九州北部豪雨で、佐賀県大町町で工場の油が流出して水田や畑に被害が出た際、救援物資として緊急搬送された。

www.mtechx.co.jp

 

今回の流出事故では、マングローブの林に重油が入り込んで、除去に時間がかかると言われている。処理が長引くほどに生態系に重大な影響があることは必至。

jp.reuters.com

 

ここに、マジックファイバーを投入して、できる限り早く油を除去しようという試み、ぜひ成功して欲しい。販売元(エム・テックス)による、資金の支援呼び掛けも予定されている。大いに期待したい。

www.makuake.com