五十而知天命&バリ島往還

半世紀を生きてきた今、無理しない生き方をゆるーく追及中。バリ旅に学ぶところ多し。

バリ島 ◆ オープンリビングがすばらしい《フェアモント サヌール ビーチ バリ》◆ サヌール

旅行代理店は、ときどき驚くほどコストパフォーマンスが良いプランを出してくれるときがある。2017年3月、7回目のバリ旅では、そんな代理店からの提案に乗っかって、高級ホテル《フェアモント サヌール ビーチ バリ》に宿泊した。

フェアモント サヌールの看板

2013年にオープンした新しいホテル

この時の旅行は、連れ合いと私の休暇がうまく調整できて、現地5泊の比較的ゆっくりできる日程だった。5泊もするのだから良いとわかっているところに、と、グリヤ サントリアン指定で見積りを依頼したのだが、この時に、「ほとんど代金が変わりませんのでこちらもご検討ください」と紹介されたのが、このフェアモントだった。

2013年6月オープンだというので、このとき4年目。新しい。ザ・リージェントとしてオープンして、2014年11月にはフェアモントに変わっている。全室スイートタイプで、バスルームはバスタブ付き。敷地は海に面していて、プールサイドのサンラウンジャーからそのまま海を眺めることができる。

バリ島のホテル、プールサイドから海を臨む

 

それにこのとき、連泊特典が盛りだくさんだった。

  • 3連泊で追加の1泊無料
  • バリニーズマッサージ60分(1回)
  • 3コースディナー(1回)
  • オーシャンビュースイートにアップグレード(60日前早期予約特典)

これに釣られて、フェアモントに決めた。

海を臨むプールサイドで食卓に皿とナイフが置かれている

 

外とゆるやかにつながるオープンリビング

特にこのホテルで素晴らしかったのは、部屋の外側にしつらえられた、オープンリビングだった。写真で見た時から良さそうだとは思っていたが、想像以上だった。

下の写真の正面の引き戸は、木組みだけで外気とつながっている。スクリーンを下ろすことはできるが、外気を遮断するガラス戸はない。そういう意味ではベランダなのだが、とても広く、ソファやテーブルセットなどの家具が置かれていて、寝室とは別の、ひとつの立派な「部屋」になっている。

バリ島のホテルのオープンリビング ソファやカフェテーブルが置かれている

バリ島のホテルには、特にヴィラのようなところだと、オープンリビング付きの部屋もあるが、壁などがまったくない、本当の意味でオープンのままのところに、リビングセットが置いてあるようなものが、ちょっとあけっぴろげすぎて落ち着かない。でも、この言うなればセミオープンのリビングは、実にくつろげた。ソファにいつも連れ合いが寝そべっていて、ブログに使える写真がなかなか見つからなかったほどだ😅

ガーデンビューからオーシャンビューにアップグレードしてもらっていたので、この引き戸を開けると、海が見えた。

フェアモントサヌールのオープンリビングから望む海

 

くつろぎスペースもどことなくラグジュアリー

バリ島に「何もしない」を満喫しに来ている連れ合いと私にとっては、部屋以外のくつろぎスペースが重要だ。さすがフェアモント、その点もぬかりはない。ホテルの中を歩き回るだけでも楽しいし、座ってゆっくりできる場所がたくさんある。

光と緑と水に囲まれた朝食会場:バリ島 フェアモント サヌール ビーチ

光と緑と水に囲まれた朝食会場。

 

ロビー近くに置かれた椅子:バリ島 フェアモント サヌール ビーチ

ロビー近くに置かれた椅子とクッションも、色合いが上品。右奥に、リンディック(竹琴)が置かれているのが見える。午後、チェックインが増える時間には、ウェルカムミュージックが奏でられるので、よくこの椅子に座って聴いていた。

 

プールサイドの楕円形のデイベッド:フェアモント サヌール ビーチ

プールサイドには、サンラウンジャーの他に、こういったデイベッドもいくつか置かれていた。人気があるが、最終日前日に運よく空いていて、半日をこの上で過ごした。ここに座ると、ちょうどこの記事の2枚目の写真のような風景が見える。

 

ホテルの廊下からみるサヌールの眺め、左側に工事のクレーンが見える

部屋へ移動する外廊下からアグン山を臨む。バリ島でアグン山を見ると、日本で富士山を見る時のような、ありがたい気持ちになる。

左手に見えるクレーンは、工事中のハイアット リージェンシー。前回、2014年12月に来てプリ サントリアンに滞在したとき、スーパーに行くために工事中のハイアットの脇を延々と歩いたのを覚えていたので、まだ工事中なんだ!と驚いた。

ちなみにこの後、2018年1月に来た時もまだ終わっていなくて、結局2018年12月までかかったらしい。2013年に閉めた当初の開業予定は2015年だったらしいが…。バリ時間か。

 

緑が豊富なホテルの庭の池:フェアモント サヌール ビーチ

ホテル内の移動も、緑に囲まれた池を眺めたり、建物裏でも美しく整えられている小道を抜けたりと、楽しい。

裏道も美しく整えられている:フェアモント サヌール ビーチ

 

フェアモント サヌール ビーチ バリは、バリ島が初めてという人にも安心して薦められる、上質なホテルだった。日本人が好きそうなしつらえなのに、何故か国内のガイドブックではあまり紹介されていない。そういう意味でも、お薦めかも。